プロザックってどんな薬?

プロザックでうつ病の症状を和らげよう!うつ病で悩んでいる方におすすめのカプセル型サプリメントです。 - プロザックを始めるときには副作用も知っておこう

プロザックを始めるときには副作用も知っておこう

どんなお薬にも副作用はあるものです。とはいっても、その副作用を体験することは少ないものです。
やはりそれだけ多くのお薬が安心して飲める、安全性が高いということなのです。とはいえ、使う前には副作用についても知っておくことは必要なのです。

うつな状態が続いたら

私たちが生活の中で、気持ちが落ち込む、またうつな状態になることは何度もあります。大抵はうつな状態になっても、1~2週間ほどで治ることが一般的です。しかし、それ以上続くようであったり、また自殺願望などが伴うようになるとうつ病かもしれません。
そんなときには、早めに心療内科へ受診するといいでしょう。

プロザックにも副作用はある

もしもうつ病と診断された場合、抗うつ剤による治療が始まります。ここではそんな抗うつ剤でもプロザックの副作用をみていきます。
プロザックも効果も出やすいとも言われており、頻繁に治療に使われるお薬です。
その一方で副作用があるのも事実です。飲むと必ず出るわけではありませんが、プロザックで治療を続けるかの判断のひとつに副作用の有無があるので、きちんと知っておきましょう。
プロザックの副作用として、特に飲み初めの1週間くらいに焦燥感、不安感、無気力感が強く出ることがあります。もしかすると、うつ病が強くなったのではと勘違いするかもしれません。しかし、これらはそのまま飲み続けていくと治ってくるのですぐに服用をやめるのは、いけません。まずは最低でも4週間は飲み続けることが必要です。
あとは、頭痛、腹痛、下痢、吐き気、消化不良等が起こりやすいです。胃腸系の副作用が多いです。
また眠気やめまいなども起きやすくなるので、仕事や車の運転にも注意が必要です。
そして、このお薬は過食症治療にも使われます。時には食欲不振など食事への影響もあるかもしれません。

服用を続けること

副作用も様子を見ていきながら、服用をしていくことがまずは治療の第一歩です。

関連する記事

Copyright(C)2017 プロザックってどんな薬? All Rights Reserved.