プロザックってどんな薬?

プロザックでうつ病の症状を和らげよう!うつ病で悩んでいる方におすすめのカプセル型サプリメントです。 - プロザックを止める時には離脱症状に気をつけよう

プロザックを止める時には離脱症状に気をつけよう

プロザックは、うつ病の患者に広く使われていています。それだけ効果が高いとして期待できる奥です。
そのため、個人輸入して購入するなど、心療内科に通わずに使う人もいます。
そんなプロザックには離脱症状が起こることをご存じですか。

離脱症状とはどんな症状なのか

あなたは、離脱症状をご存じですか。あまり聞きなれない言葉かもしれません。
うつ病の場合、治療では投薬によるものがほとんどです。そして、薬によって、プロザックだとセロトニンの再吸収を抑えるなどして体内の物質の量のコントロールをして、気持ちを落ち着かせるのです。
プロザックの服用が長くなると、それだけセロトニンの量も薬によって安定化されることとなります。
ところが急にプロザックの服用を止めると、セロトニンの量が不足など不安定となってしまい、その結果、体や気持ちの面で悪影響が出てきてしまうのです。
これが離脱症状と呼ばれるものです。薬を止めることによって起きる副作用とも言えるのです。

服用を止める時には医師への相談

プロザックを飲んで効果が出てくると、気持ちも明るくなったり、希望も持てたり、前向きになります。がらっと変わってしまうこともあります。
ついそうなると、もう服用は止めてもいいだろうという気持ちになってしまいがちです。
ところが急激に止めると先に書いたような離脱症状が起きます。離脱症状が起きると頭痛やめまいやだるさなどの体の症状から、不安やイライラや時には躁状態など気持ちへの症状が起こります。
ですので、止める時には医師への相談が必要です。
医師の診断で止めるときもその量も3/4、1/2、1/4と徐々に減らしたり、飲む回数を減らすなど時間をかけて減らしていくのです。

焦らずに止めること

ですので、プロザックを止めるときにも時間をかかります。
しかし、このように焦らずにゆっくりと止めることが大切です。それがうつ病の再発防止にも繋がるのです。

関連する記事

Copyright(C)2017 プロザックってどんな薬? All Rights Reserved.