プロザックってどんな薬?

プロザックでうつ病の症状を和らげよう!うつ病で悩んでいる方におすすめのカプセル型サプリメントです。 - 妊娠中の女性はプロザックは使えるのか?

妊娠中の女性はプロザックは使えるのか?

女性にとって妊娠は最高の幸せかもしれません。そんな妊娠ですが、出産までの間、体の大きな変化に戸惑うこともあるはずです。
そして気になるのは、風邪など病気したときなど、薬を飲むことでの自身への影響や赤ちゃんへの影響でしょう。

妊娠とうつ病の関係

男性だと仕事をきっかけにするうつ病の発症がかなり高いです。
そして、女性ですが妊娠をきっかけにうつ病になることも意外と多いのです。妊娠がわかった直後は幸せ一杯でしょうが、妊娠期間が経過するにつれて、出産への不安やストレスからうつ病にもなりやすいのです。
さらに産後も子育ての不安やストレスから、やはり産後うつ病になるケースが目立ちます。
特に妊娠の期間は、ホルモンバランスも崩れやすく、心配や不安も大きくなり、過敏に感じたり考えるようになるので、うつ病のリスクはかなり高まると言えます。

妊娠期間中とプロザックの使用

もしも妊娠期間中にうつ病を発症した場合、プロザックは使えるのでしょうか。
答えとしては基本的には、使用はできません。やはり赤ちゃんへの影響が大きいとされるからです。
ですので、うつ病となってしまったら、プロザックはもちろん抗うつ剤以外のでの治療を模索したり、進めていくこととなるのです。
また懸念なこととして、うつ病治療として、プロザック服用中の女性が妊娠した場合です。これも、やはり赤ちゃんへの影響が大きく、知らずに飲んでいたことで赤ちゃんの奇形のリスクも高まると言われています。

うつ病治療の間は

そのため、うつ病治療の間は妊娠しないように極力つとめた方がいいとされています。もしも妊娠の兆候が見られたらすぐに医師への相談と服用中止が求められるのです。
ただし、どうしても自殺願望が強くなる、うつの状態がひどくなるときにはやむを得ず服用もよいとされています。
これはほんのわずかな例と言えます。安心して赤ちゃんを出産することが、プロザック服用よりも大切です。

関連する記事

Copyright(C)2017 プロザックってどんな薬? All Rights Reserved.